頑固な妊娠中の便秘に!今日からできる解消法まとめ

踏ん張りたいけど怖い!妊娠中の便秘のいきみってアリ?

妊婦,便秘,いきみ,踏ん張り

 

妊娠が判明すると、赤ちゃんへの影響が気になって日常のいろんな行動が心配になってしまいますよね。
よくある悩みの一つとして、トイレでの「いきみ」があります。

 

・赤ちゃんが出てきちゃうかも
・流産しそうで恐い

 

と神経質になってしまい、強くいきむ事ができず、かえって便秘を悪化させてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

息を止めてしまうほど強くいきんでも排便できない人は、さすがに産婦人科でお薬を処方してもらった方が良いですが、「いきめば出る」程度ならそれほど心配する必要はありません。

 

 

赤ちゃんが出てくる事はない

 

基本的にトイレでのいきみでは、お腹の赤ちゃんに影響はありません。
いきむことで排便が可能なら、その方がお母さんにとっても赤ちゃんにとっても良い事です。

 

ただ、子宮口が大きく開いている妊娠後期は、いきむことで切迫早産のような症状を起こす場合もあるので、注意した方が良さそうです。
その時期までにうまく便秘を解消しておきたいですね。

 

 

母体への負担が心配

 

いきんでも良いと言っても、加減が必要です。
いくら赤ちゃんに影響がないといっても、妊娠中の母体への負担を考えると、トイレに座ったまま長時間いきむことは避けましょう。

 

いきむことで血圧が急に上昇してしまったり、肛門に負担をかけて痔になる可能性があります。
また、子宮収縮の原因にもなりますので、自分の体調が悪い時などは特に注意してくださいね。

 

 

上手にいきむコツ

 

前かがみになり、両肘をふとももに置く体勢で息を吐く事によって、排便時のお腹への負担を軽くして便の送りをスムーズにします。
また、この時にかかとを上げる事で、腹筋の力が伝わりやすくなります。

 

余裕があれば事前に腰回りを温めたり、温かい飲み物でお腹の内部を温めるなどして血行を良くしておくと、腸の動きが活発になります。
ウォッシュレットで肛門を優しく刺激するのも効果的ですよ。

 

妊娠中の便秘は、安静が必要な程のトラブルがない限り、いきんだり踏ん張ったりしても大丈夫。
心配なのは、いきみによる母体への負担です。

 

母体への負担は赤ちゃんに影響する場合もあるので、いきむコツを上手く掴んで、負担の少ない排便を心掛けましょう。