苦しい・・・妊婦の便秘の解消法とは?

苦しい妊娠中の便秘・・・私が一番効果があったのはオリゴ糖サプリでした。

妊婦,便秘,苦しい

 

妊娠中の便秘は本当に苦しいですよね。
私自身、お腹が大きくなるにつれどんどん苦しくなり、とても悩まされました。

 

日によってはお腹が苦しくて眠れない・・・なんて日もありました。

 

便秘解消のために色々と試しましたので、その方法をご紹介しますね!

 

 

そもそも、どうして妊婦は便秘になりやすい?

 

便秘は、妊娠中はもちろん普段の生活から体に悪影響を及ぼします。
便秘の腸内は、悪玉菌が優勢になり栄養が正常に摂取されなかったり、免疫力の低下を招きます。

 

また、赤ちゃんの腸内細菌は母親の細菌が受け継がれるため、出来るだけ善玉菌を増やしておきたいところです。
まずは、妊婦が便秘になりやすい原因をしっかり理解し、改善していきましょう。

 

 

便秘になってしまう理由は主に3つあります。

 

まずホルモンが腸の動きを抑えてしまう事です。
妊娠するとホルモンの影響で平滑筋という食べ物を肛門に送り出す筋肉の収縮機能が弱くなってしまいます。

 

次に水分が赤ちゃんに送られてしまう事です。
妊娠中はママが摂取する食べ物の栄養だけではなく水分も赤ちゃんに送られています。
もちろん便にいくはずの水分まで赤ちゃんに送られてしまうのです。

 

最後に子宮の腸圧迫です。

 

妊娠経過が進むにつれ子宮が大きくなり、直腸を圧迫します。
圧迫された腸はうまく運動することが出来なくなり便の排出を妨げる事になってしまうのです。

 

妊婦だった私が実践した便秘の解消法

 

食事で便秘を改善する

 

 

具体的には「食物繊維」と「油分」をとることです。

 

主にさつまいも、りんご、ゴボウなどに含まれる食物繊維は便の材料となるものであり、腸のお掃除をする役割もあります。

 

そして油分の摂取も大切です。カロリーを気にして油の摂取をまったくしないのは便秘の原因になってしまいます。
適度な油分はスムーズな排便を助けてくれます。

 

 

そして発酵食品も便秘解消に効果的です。
発酵食品とはヨーグルトや納豆などです。

 

発酵食品に入っている菌は善玉菌を増やし腸内の細菌バランスを整える働きがあります。

 

 

生活に運動を取り入れる

 

 

便秘解消には毎日規則正しく生活することが大切です。
決まった時間に起床、食事、睡眠をとることで自然と体が排便のリズムを覚える事にもつながります。

 

そして運動不足も便秘には大敵です。
毎日30分程度のウォーキングをすることは腸を刺激し活性化させるだけではなく排便時に必要な筋肉を鍛える事も出来ます。
急に30分のウォーキングというと考えるだけで面倒くさくなってしまうと思います。

 

まずは近くのコンビニまで散歩するなど気軽な気持ちで始める事をお勧めします。
運動はいつ行っても構いませんが、便意をもよおしやすい朝行う事が理想的です。

 

もちろんご自分の体調を優先し、やりすぎに注意して下さい。
体に負担をかけすぎると子宮が収縮してしまい、切迫早産や切迫流産の原因になってしまう事もあります。

 

お通じを呼ぶ「ツボ」をお教えします

 

 

基本的なマッサージをご紹介します。
運動と同様やりすぎは禁物ですので無理のない程度にして下さいね。

 

まずは臍のまわりを「の」の字を描くように優しくさするマッサージです。

 

「の」の終わりが左下の直腸あたりから肛門の位置に当たるようにします。
腸の中に溜まっている便をゆっくり出口に持っていくイメージで行います。

 

手にあるツボ「合谷」を刺激することもおすすめです。
合谷の場所は手の甲を上に向けたとき、親指と人差し指の骨が出合うところのくぼみです。
この合谷を人差し指の骨の側面に向かって押します。

 

また、足の裏にも様々なツボがあります。
特に血行を良くする「三陰交」を刺激するとよいといわれています。
場所は内くるぶしから指4本分上がった場所の骨の後ろのくぼみです。

 

他にも足の裏をまんべんなく揉み解していき痛いところ、気持ちのいいところを重点的に押すと効果的です。

 

 

とにかく今すぐ便秘を解消したい!という方

 

手っ取り早く頑固な便秘を解消するためには、サプリがオススメです。
私自身、一番効果のあった方法もサプリを飲むことでした。

 

先輩ママから教えてもらったんですが、便秘のサプリと聞いてお腹の赤ちゃんに影響内の?と不安でした。
でも、安心してください。

 

私が飲んでいたオリゴ糖サプリは、妊婦でも赤ちゃんでも服用OKで、安心して飲めますよ!


 

天然由来5種類のオリゴ糖がお通じを促進してくれます

 

妊婦,便秘,苦しい

 

便秘解消にオススメのサプリは「はぐぐみオリゴ」です。
お腹の乳酸菌のエサとなる天然由来のオリゴ糖が5種類もふんだんに入っています。

 

綿菓子のような甘さで、ヨーグルトや紅茶に入れてもOK、普段の料理の砂糖の代わりに使ってもOK!
幅広く使えます。

 

ただ、誰にでも確実に効果があるわけではありません。
体質的にあわない、という場合もあります。

 

 

<利用者の口コミ>

 

・1年位前から、毎日薬を飲まなければならなくなり、それから便秘になってしまいました。他社のオリゴで最初は効果がありましたが、だんだん効かなくなり、はぐくみオリゴに変え、調子がいいので続けてみます。

 

・甘さがちょうどよいので、紅茶に入れて毎朝飲んでます。産後も便秘にならずスッキリです。

 

・妊娠初期からお世話になって、後期の33週に入りました。毎朝豆乳ココアの中にオリゴ糖一杯入れて飲んでいて、全く便秘知らずで快適なお腹で過ごさせて頂いています。いろんな便秘の方におすすめしています。これからもよろしくお願いします。

 

 

 

はぐぐみオリゴでありがたいのは、10日間返金保証が付いていることです。
飲み続けて効果がなければ返品できます。

 

実際に飲んでみた方の感想を見ると、1週間くらいで効果を実感できたみたいです。
気になったらぜひ、公式サイトもチェックしてみてください。

 

価格は3,680円ですが、定期購入で初回は50%OFFの1,840円になりますので、かなりお得です。
→ 2回目以降は2,944円です。

 

これで、あなたの便秘が解消されることを心から祈っています。

 

 

 

豆知識コラム:便秘中は、お腹の赤ちゃんは苦しくないの?

 

便秘になると、腸に溜まった便やガスが原因でお腹がポッコリしてしまいますが、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんは、それ以上にお腹が張ってしまって大変ですよね。
そんな時に心配なのが、やはり赤ちゃんへの影響です。

 

狭いお腹の中で、便が溜まった腸に場所を追いやられているのではないか?
苦しくなっているのではないか?

 

悩みだすとキリがありません。

 

自分では見えないお腹の中だからこそ、余計に不安になってしまいますよね。
でも、意外と妊婦さんの体って、赤ちゃんを守るためにしっかりできているものなんです。?

 

赤ちゃんは苦しくない

 

赤ちゃんがいる子宮は、膀胱と直腸に挟まれた場所。
赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹の外側へと大きく膨らんでいきますが、反対に膀胱や直腸は下や後ろへと追いやられます。

 

赤ちゃんの居場所を確保するように、お母さんの内蔵は赤ちゃんの大きさに合わせて移動したり、圧迫などで変形していきます。
また、便秘程度の腸の膨らみならあまり影響はなく、赤ちゃんも苦しくはありません。

 

 

お母さんの方が辛い状態

 

妊娠中の便秘の理由の一つは、赤ちゃんの成長によって腸や肛門が圧迫されることによるもの。
腸の働きが鈍くなってしまい便の通りが悪く、固い便によって痔にもなりやすいので注意したいところですね。

 

大きくなっていく子宮は横隔膜を持ち上げて、胃や心臓、肺までも圧迫して変形させてしまいます。
便秘によって、必要以上に他の内蔵に負担をかけないようにした方が良いかもしれません。

 

便秘は赤ちゃんのサインを見逃すかも

 

便秘が酷くなってくるとお腹の張りや痛みを感じると同時に、赤ちゃんの胎動を感じにくくなる事もあるようです。
でもそれって、赤ちゃんの体調の変化に気付かない恐れがあるので危険ですよね。

 

便秘によるお腹の張りは、子宮の収縮と区別がつかない場合もあり、切迫流産や早産などに気付かないなんてこともあるかもしれません。
赤ちゃんのサインを見逃さない為にも、便秘はすぐに改善しましょう。

 

?妊娠は病気ではないと言いますが、それは医者や薬ではどうすることもできない程に大変であり神聖な事だからという意味もあります。
体内で赤ちゃんをしっかり育てる為にも、自分自身の健康管理には充分気をつけましょうね。

 

妊娠中の便秘を改善しないデメリットとは?

 

便秘は放っておいても良いことが一つもありません。
女性は慢性的に便秘になりやすい体質の方が多いですが、意識的に改善することが大切です。

 

夏にシンクにある生ごみを想像してみてください。
それが体の中で溜まっていると思うとぞっとしますよね。

 

便秘はまさに、その状態なんです。

 

便秘を放っておく事で起こるデメリットを解説したいと思います。

 

1 肌荒れの原因に

便秘は、老廃物が溜まっている状態です。
肌を綺麗に保つには、体の新陳代謝が大切ですが、便秘はそれが出来ません。

 

便秘はニキビや吹き出物が出来る要因にもなってしまいます。

 

2 痔になりやすくなる

固くなった便を無理やり出そうとすることにより、肛門に負担がかかり、痔になりやすくなります。
妊娠中になりやすいのは「いぼ痔」ですが、場合によっては「切れ痔」にもなりまますので、おしりが痛くてさらに便秘が続く、といった負のスパイラルになってしまいます。

 

痔になってしまったら、塗り薬を使うのは効果的ですが、医師に相談することをオススメします。

 

3 体臭・口臭の原因に

 

便秘になると、溜まったガスはお尻から出ず、再度体内に取り込まれます。
それが口や体から排出されるので、悪臭の原因になってしまうのです。

 

妊娠中の便秘解消法

 

辛い妊娠中の便秘を解消するにはどうすればよいのでしょうか?
お腹に赤ちゃんもいますので、過度な変化はオススメ出来ません。

 

まずは、気軽に始められることから始めましょう。

 

こちらでは、妊娠中の便秘解消にオススメの方法をご紹介します。

 

1 運動

 

運動不足は、便秘の大敵です。
ただでさえ、家に居る時間が長くなるため、意識して運動を取り入れることが大切です。

 

オススメは、ウォーキングです。
毎日30分程度のウォーキングをすることは、腸を刺激し活性化させるだけではなく、排便時に必要な筋肉を鍛える事も出来ます。

 

まずは近くのコンビニまで散歩するなど気軽な気持ちで始める事をお勧めします。
運動はいつ行っても構いませんが、便意をもよおしやすい朝行う事が理想的です。

 

2 マッサージ

 

便秘解消が期待できるマッサージをご紹介します。

 

おへそのまわりを「の」の字を描くように優しくマッサージします。

 

「の」の終わりが左下の直腸あたりから、肛門の位置に当たるようにします。
腸の中に溜まっている便を、ゆっくり出口に持っていくイメージで行います。

 

また、手にあるツボ「合谷」を刺激することもおすすめです。
合谷の場所は手の甲を上に向けたとき、親指と人差し指の骨が出合うところのくぼみです。
この合谷を人差し指の骨の側面に向かって押します。

 

また、足の裏にも様々なツボがあります。
特に血行を良くする「三陰交」を刺激するとよいといわれています。
場所は内くるぶしから指4本分上がった場所の骨の後ろのくぼみです。

 

他にも足の裏をまんべんなく揉み解して痛いところ、気持ちのいいところを重点的に押すと効果的です。

 

3 食生活の見直し

 

3つの方法の中でも、一番即効性が期待できるのはやはり食事です。

 

食事と言っても、難しいことはする必要はありません。
意識してほしいことは、日常的に水(ミネラルウォーター)を飲むことです。

 

便秘解消以外でも、水分補給は体に良い影響を与えます。

 

水分を定期的に摂取することで、便が柔らかくなり、肛門を出やすくなります。
量の目安は1日2リットルです。
1回に飲む量を増やすのではなく、小まめに水分補給してください。

 

 

また、便秘対策で1番のオススメはサプリです。
特に「オリゴ糖」が配合されているサプリは特にオススメで、腸内の善玉菌の働きを活性化させてくれます。
実際の食生活の中でオリゴ糖を定期的に摂取することは難しいですが、サプリならいつもの食事にプラスして飲むだけなのでとても手軽です。

 

便秘解消でサプリと聞くと、刺激が強いのでは?と不安になってしまうと思いますが、当サイトでオススメは妊婦でも安心して飲めるオリゴ糖サプリです。