妊婦と薬の上手な付き合い方

妊婦,便秘,薬

 

便秘はそのままにしておくと慢性化してしまい、治りにくくなるだけではなく痔になってしまう可能性も高くなります。

 

また、便秘になると排便の際腹圧をかけてしまいます。
慢性的な便秘にならない為にも妊婦健診などで早めに医師に相談しましょう。

 

妊娠中、薬を飲むことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、産婦人科で処方される薬なら安心して服用できます。
薬局などで市販の薬を購入する際には必ず薬剤師さんに妊娠中であることを伝えて下さい。

 

 

 

 

産婦人科で処方される場合、センナなど刺激の強い薬は副作用が強い為服用してはいけない事になっています。

 

妊娠中に服用できる便秘薬はマグネシウム系です。
マグネシウム系の便秘薬は便を軟らかくすることで便秘を解消する薬です。

 

値段も市販の便秘薬に比べ安い上、副作用もほとんどありません。
粉末でも苦味はあまりないものの、口の中に広がりやすく飲みにくい場合があります。

 

飲みにくいと感じた場合には無理せず医師に相談すると錠剤で出していただけると思います。

 

この薬にはさらに効果を上げる飲み方があります。
それは薬を飲む際に水分を沢山取ることです。

 

マグネシウムがお腹の中で水分を吸収して膨らむので、 最低でもコップ一杯のお水と一緒に飲むようにしましょう。

 

 

妊娠中の便秘は週数が進むにつれ悪化し易いものです。
便秘はお腹の張りにも影響するだけではなく、腸の中に便がたまるとお腹の赤ちゃんのスペースが狭くなってしまいます。

 

赤ちゃんを快適にお腹の中で過ごさせてあげる為にも、妊娠を機に食事や生活習慣を見直し、気になることがあれば早めに医師に相談し便秘がひどくなる前に対処して下さいね。