頑固な妊娠中の便秘に!今日からできる解消法まとめ

妊婦,便秘,ツボ

 

人間の体には沢山のツボがあり、手や足、背中やお腹など、内蔵や神経によってツボの場所は様々。
そこを押して刺激する事により悪い部分を改善できると言われています。

 

腸や神経の不調が原因である便秘もツボ押しで改善できますが、妊婦さんの場合は赤ちゃんにどんな影響があるか分からなくて不安ですし、お腹が大きいと手が届かないツボもありますよね。

 

そんな妊婦さんにオススメなのが、いつでもどこでも手軽にできる「手のツボ」。
手には自律神経をコントロールするツボが多く、ストレスによる過敏性腸症候群タイプの便秘に良いと言われています。

 

 

手の甲にあるツボ

 

支溝(しこう):便秘の名穴と呼ばれる、様々な便秘のタイプに効くツボです。
手首の中心から下に指4本目の2本の骨の間にあるので、親指で強く真下に押します。

 

合谷(ごうこく):便秘などの大腸のトラブルを始め、頭痛・肩こり・めまいに効果があります。
親指と人差し指をあわせた時に膨らむ部分の内側にあるので、親指と人差し指で挟むように揉みます。

 

 

手の平にあるツボ

 

間使(かんし):腸の動きを活発にして排便を促す、即効性のあるツボです。
手首のシワ部分から下に指4本目にあるので、親指で少し強めに1〜2分押します。

 

神門(しんもん):自律神経の乱れを治して、胃腸の運動を活発にさせるツボです。
左手首の薬指と小指の間から下に向かって手首のくぼみのあたりにあるので、親指で軽く10回程押します。

 

 

ツボ押しの注意点

 

ツボ押しは全身の血行を良くしてくれますが、子宮を刺激するツボは子宮収縮に繋がるので、沢山のツボが密集している足裏は念のため控えておきましょう。
また、赤ちゃんに直接影響しないツボとはいっても、デリケートな妊娠初期や体調が悪い時は止めておいた方が良いかもしれません。

 

安心安全にツボ押しする為にも、時期やタイミングには気をつけましょう。

 

手軽にできるツボ押しですが、沢山押せば良いというものではありません。
押し過ぎると筋肉を包んでいる筋膜が炎症を起こしたり、内出血を起こしてしまう場合もあるので、注意してツボ押しを行って下さいね。