頑固な妊娠中の便秘に!今日からできる解消法まとめ

妊娠中の便秘はお腹の赤ちゃんにどんな影響があるの?

妊婦,便秘,影響

 

お母さんのお腹の中で、出産の時までスクスクと大きくなっていく赤ちゃん。
そんな赤ちゃんのすぐ側に便が溜まっている腸があると思うと、心配になってしまいますよね。

 

赤ちゃんは子宮に守られてはいるけれど、同じお腹の中にいるわけなので不安になるのは仕方ありません。
また、お母さんとへその緒で繋がっていることで、どんな影響があるのか分かりませんよね。

 

悩みからくるストレスで、かえって便秘を悪化させてしまったり体調を崩してしまう妊婦さんもいるようです。
穏やかなマタニティライフを送る為にも、この機会に悩みを解消しておきましょう。

 

 

子宮の中は安全な場所

 

妊娠中の便秘は、赤ちゃんにはあまり影響がありません。
体内でいろんな内蔵に囲まれていますが、子宮の壁は妊娠後期になると約1センチもの厚さで赤ちゃんを守ってくれています。

 

赤ちゃんは弱アルカリ性の無菌状態である羊水の中で、胎盤やお母さんの体の抵抗力によって毒物性物質から守られている為、健康に直接大きなダメージを与える事はありませんので安心して下さい。

 

 

それでも注意は必要

 

便秘は、消化物の腸内腐敗で腐敗毒が発生している状態。
腸壁から毒素が吸収されて血液に混ざり、汚れた血液は胎盤を通じて赤ちゃんに届いてしまうので、やはり良い事ではありませんよね。

 

フィルター機能がある胎盤で毒素はシャットアウトされるとはいえ、やはり便秘は気をつけたいものです。
お母さんの体調不良によって、免疫力や抵抗力の低下が赤ちゃんへの影響に繋がるので注意しましょう。

 

 

出産時に影響あり

 

お母さんの産道に生息している菌は、腸内細菌と似ています。
出産の際に赤ちゃんが産道を通る時に、そこに存在する細菌を口から取り込むことから腸内環境が似ると言われています。

 

便秘によりお母さんの腸内環境が悪い場合、出生後の赤ちゃんは便秘や下痢になりやすいようです。
また、アレルギー症状を引き起こすことにも関係があるようなので注意したいですね。

 

便秘はお腹の赤ちゃんに直接影響はないものの、お母さんの体調によっては注意が必要です。
一番気を付けたいのは、赤ちゃんの出生後の健康です。

 

出産時に備えて腸内環境を良くする為にも、便秘は改善しておきましょうね。

 

 

とにかくいち早く便秘を解消したい!という方はこちら