頑固な妊娠中の便秘に!今日からできる解消法まとめ

妊娠中は運動不足に注意!便秘体質を改善しよう

妊婦,便秘,運動不足

 

妊娠するとお腹も大きくなり、体を自由に動かす事ができなくなるので運動不足になりがち。
実は妊婦さんの便秘の原因の一つに、この運動不足があげられます。

 

運動不足による筋力の低下は、排便の際に使ういきむ為の腹筋や腸周りの筋肉も弱くしてしまいます。
同時に腸の動きも弱くなり、便秘になりやすくなるというわけです。

 

運動するとしても、やっぱり気になるのは赤ちゃんへの影響。
無理に体を動かすのは良くありませんが、気をつけて適度な運動を行えば、体に良い事ばかりなのでぜひ試して下さいね。

 

 

運動に最適な時期

 

基本的に軽いウォーキングやストレッチ程度なら、妊娠初期から後期まで行って大丈夫。
運動により、腸を刺激して活性化させる自律神経を整えることで、消化器官をコントロールして便秘を解消する効果があります。

 

マタニティスイミングなどの妊婦さん向けの運動は、妊娠中期の安定期と言われる時期に行いましょう。
妊娠初期や後期では、流産や早産の可能性があるので注意して下さい。

 

 

運動する時の注意

 

運動する際に一番心配なことは、胎盤が剥がれて流産の原因になったり、子宮が収縮して切迫早産になることです。
特に、飛び跳ねたり、腰をひねったり、スクワットや逆立ちなどは避けるようにしましょう。

 

赤ちゃん自身は子宮内で羊水に守られているので、運動による衝撃はあまり心配ないようです。
ただ、大きいお腹をかかえながらの運動は、自分にも負担がかかるので、無理のない程度にしておきましょうね。

 

 

妊娠中の便秘にオススメの運動

 

自宅で気軽にできる運動では、ストレッチで体をほぐしてからのウォーキングが一番オススメです。
燃焼効果を高めつつ、歩く事で骨盤が揺れて腸を刺激するので便秘改善にも効果的です。

 

安定期に入ったら、マタニティスイミングをするとお腹の重みから一時的に解放されるので気分転換になりますよ。
また、有酸素運動によって血液循環がよくなり、便秘やむくみ、腰痛なども解消できます。

 

運動によって、お産に必要な筋肉を鍛えたり、関節や産道を柔らかくする事で、安産になりやすいと言われています。
妊娠中の運動がもたらす効果は便秘改善だけではありませんので、積極的に行ってみましょう。